⇒ 切手趣味 ⇒伊藤良一氏「私の切手遍歴」 ⇒ 荒木修喜氏「手彫切手の顔料と明治人の進取性」  

  ⇒「辰年雑考」 「巳年雑考」 ⇒「午年雑考」 ⇒「未年雑考」 「申年雑考」 「酉年雑考」

「十二支雑考」

 恩師の中島路可先生(鳥取大学名誉教授)が長年にわたり、近畿化学協会の会誌「きんか」の新年号のカットにその年の十二支の動物の切手を提供するとともに、それらにまつわるエッセーを書いてこられたが、先生の命をうけて、私がその大役を引き継ぐことになった。平成24年の「辰年雑考」は、中島先生との共同執筆の形であって、平成25年の巳年よりは私が一人で書くことになる。許されるなら、十二支をひと回りするまで書かせていただきたいものと思っている。そうすると、平成35年の「卯年雑考」を書く時には私は80歳になっているが、その年までちゃんとボケずに生きて居られるかどうか、それは神のみぞ知るである。


「辰年雑考」 「きんか(近畿化学工業界)」(近畿化学協会)2012年1月号

⇒ ページの最初へ 

⇒ 切手趣味 ⇒伊藤良一氏「私の切手遍歴 ⇒ 荒木修喜氏「手彫切手の顔料と明治人の進取性」
 ⇒ 私の年賀状  ⇒ 書き物いろいろ        ⇒ 私のヨコ顔 


「巳年雑考」 「きんか(近畿化学工業界)」(近畿化学協会)2013年1月号

⇒ ページの最初へ 

⇒ 切手趣味 ⇒伊藤良一氏「私の切手遍歴 ⇒ 荒木修喜氏「手彫切手の顔料と明治人の進取性」
 ⇒ 私の年賀状  ⇒ 書き物いろいろ        ⇒ 私のヨコ顔 


「午年雑考」 「きんか(近畿化学工業界)」(近畿化学協会)2014年1月号

 きんか誌の新年号は、その年の干支の当たり年の人の抱負などを掲載しており、昭和17年生まれの私の次の一文も掲載されました。
     「おらが春 午年生れ大いに語る」 川井 正雄(中之島科学研究所 名古屋工業大学名誉教授)
 近化への入会は四十余年前、関西学院大理学部の助手時代で、納谷恵三教授よりお薦めを受けたからです。当時の学生実験の馬尿酸の思い出を「午年雑考」に書きました。○年雑考は、一昨年の辰年からの寄稿ですが、叶うなら一回りして卯年となる八十歳まで続けさせて戴きたいものです。
 高校時代を思い起こして半世紀前と現在の化学教科書の比較研究を思い立ち、未だ緒に就いたばかりです。昭和三十年代の高校化学教科書をお貸し戴ける方があれば幸甚です。
 五十歳で市民ランナーとなり、この三月に五年振りで十二回目のフルマラソンに出走予定、ハーフも併せれば五十七回目です。「体も頭も使わなければ劣化し、使えば長持ちする」がモットーです。

⇒ ページの最初へ 

⇒ 切手趣味 ⇒伊藤良一氏「私の切手遍歴 ⇒ 荒木修喜氏「手彫切手の顔料と明治人の進取性」 
⇒ 私の年賀状  ⇒ 書き物いろいろ        ⇒ 私のヨコ顔 


「未年雑考」 「きんか(近畿化学工業界)」(近畿化学協会)2015年1月号

     

⇒ ページの最初へ 

⇒ 切手趣味 ⇒伊藤良一氏「私の切手遍歴 ⇒ 荒木修喜氏「手彫切手の顔料と明治人の進取性」

 ⇒ 私の年賀状  ⇒ 書き物いろいろ        ⇒ 私のヨコ顔 


「申年雑考」 「きんか(近畿化学工業界)」(近畿化学協会)2016年1月号

⇒ ページの最初へ 

 ⇒ 切手趣味 ⇒伊藤良一氏「私の切手遍歴 ⇒ 荒木修喜氏「手彫切手の顔料と明治人の進取性」 

 

 

 ⇒ 私のヨコ顔 ⇒『 分子の目線でヒトをみる 』 ⇒ 著者のページ ⇒ What's New!
    ⇒ 書き物いろいろ <⇒『私の年賀状』  ⇒『エッセーwith俳句』  ⇒『十二支雑考』>
    ⇒ 市民ランナー  ⇒ 昆虫趣味  ⇒ パズル趣味  ⇒ 手品趣味  ⇒ 切手趣味
    ⇒ 語り部  ⇒ 化学のコーナー  ⇒ 自然環境市民大学  ⇒ さまざまな話題